Code for Yokosuka

【2021.01.31 第2回 オープンデータアイデアソン】

今回はコロナウィルスの影響もあり、初の完全オンラインでの実施となりました!
テーマは前回に続き、「子育て」

多くの市民の方々にご参加いただくと同時に、中には神戸からご参加してくださった方もいらっしゃました!

これもオンライン開催の魅力の1つですね!

前半の1時間で、スタートアップセミナーとして
Code for Kanazawaの福島様より、「オープンデータとは何か」を事例を交えてご説明頂きました。
「オープンデータ」と聞くとかなり気難しいイメージを持たれますが、知らない内に実は日常生活の中で皆さんも使われております。

・市町村内の学校一覧
・児童福祉施設情報

など、日常生活の中にオープンデータは実はかなり多く存在しているのです。

福島様よりご説明頂いた後、3グループに分かれ、アイデアソンを実施しました!
アイデアソンとは「アイデア + マラソン」の造語で、

・実際の悩み
・こんなデータあったらいいよね!
・どういう風に接したらいいか迷う時がある

などたくさんのアイデアを出し合いました!

当日はジャムボードというツール使い、オンライン上で、たくさんのアイデアを出し合いました!
楽しみながら、活発な議論ができ、とても有意義な時間だったという声をたくさん頂きました!

他のグループからもこのようなアイデアも出ました!(一部抜粋です。)

  • 親の気持ちが学べるツールみたいなものがあったら
  • 周りの親がどのように考えているかが気になる
  • 行政ではなく、「口コミ」情報が欲しい
  • 子供受入OKな建物情報

これらのアイデアをもとに、2~3月に実施するハッカソンで実際にサービスとして作っていきます!

Code for YokosukaはICTを通じて、横須賀・逗子・葉山をより良い街にしていけるよう、今後とも精進して参ります。

ご参加頂いた皆様、本当にありがとうございました!


ハッカソンのご参加も心よりお待ちしております!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です